FC2ブログ

プロフィール

kinu0425

Author:kinu0425
18歳~41歳看護師として 仕事していました。
病気がきっかけで 現場ナースをリタイア。
でも 好奇心旺盛なので 次はどうするか・・・
悩んでいるそばから 決めています。
さて・・・
今日の私は・・・???


最新記事


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:独り言
本日 8/26 14:00~

天王洲アイル 銀河劇場

「ドラムストラック」を 鑑賞してきました(^^)v

一言 「非常に楽しい!!!!!」です💛

舞台もすっごく楽しいです。

席に 太鼓があって 

それを 叩きながら鑑賞します。

これが すっごく楽しい!!!!!!

9年連続で 来日してるようです。

来年も来日決定したら 

絶対 チケット購入します!!!!

特に 「18歳以下」には

グッズ付きチケットもあるようですよ💛

かなり ストレス発散になるし

言葉じゃなくて リズムで会話する感じなので

障害児もOKです。

実際 本日もいらっしゃってましたよ。

みんな イキイキしていて

本当に楽しそうでした(^^)~💛

かなり おすすめの舞台ですよ。

今年は 8/28が最終のようです・・・。

当日券もありましたから 

チャレンジして 鑑賞するのもいいですよ。

高齢者だって リズムでの会話ですから

かなり楽しいはず・・・。

すっごく おすすめです☆彡
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:独り言
また 私の母の悪い癖・・・

「あんたは お父さんそっくり!!」と

父をもちだして 私を罵倒する・・・本当に悪い癖・・・

自分と違う意見はもちろん

自分とは違う感想・・・感性なもの・・・

それは ことごとく 「悪のかたまり=父」なのです。

確かに 父が父親としてしてきた行動は

かなり 「悪」とか 「自己中心」とか・・・

そんな言葉であらわす「大人」が多いです。

それは 私も否定しません。

確かに 私自身 中学の制服が買えず

3年間 違う「中学のセーラー服」ですごしました。

ぱっと見た感じでは 違いに気が付かない・・・そんな 制服・・・

3年間 バイト部で 生きるために

住み込みバイトをして 高校を卒業しました。

大学進学希望でしたが 自分が生きること

そして 弟を高校へ通学させたい一心で 

住み込みに近い「看護婦」生活を3年間しました。

これだけを聞けば どんな「両親」で

どんな「悪い父親」かと 週刊誌が喜びそうな実体験です。

でも・・・!!今では 「仏さま」となり

私たちとは別の世界へいった 父です。

「仏さまには 罪はない」・・・本気で思います。

けれど 母には その感覚は「0」「無し」「皆無」です。

確かに 苦労をした「嫁」でしょう・・・

でも 「母」として そんなに「不幸」だったのでしょうか????

私たち二人の子供が義務教育が終了したら

子供たちの稼ぎで「食べていく」生活をし

自分は「和服仕立て」の「国家試験」にむけて頑張った・・・

このことは 「不幸」とは違う・・・と思います。

見事 国家試験合格をし

「和服仕立て 1級」取得し

かなり稼げた生活・・・

これって 本当に「不幸」なのでしょうか?????

自分の努力も立派です。見事です。

でも 努力できる環境は 子供たちが作った・・・それが 我が家です。

母が受験生する中

弟は 高校野球を辞め(長年の夢が 高校球児だった 弟です)

私は 住み込みで看護婦・・・

弟に 野球センスがなかったのなら あきらめられるでしょう。

そんなことはなかった・・・と 高校の担任に私は説明してもらいました。

でも 弟は 「野球遠征に出すお金で 米買いたい」と言い

私は 涙をこらえながら 米を買い 弟の夕食を作りました。

そんな時 母は 「受験生」していたのです。

これで 母が本当に「不幸」だったのだ・・・と言いきれるのか・・・

今でも 私は かなり「??????」です。

それでも なにか 自分と違う意見が出ると

「本当に お父さんそっくり!!!!」と ヒステリックになる・・・

そんな母を 介護していく 私と弟・・・

確かに 母です。母親です。

介護することが嫌でもないし 感謝してほしいとも思いません。

でも 気に入らないと「父」がでてくる・・・

だって 私と弟の「父親」です。間違いなく 「父親」です。

「親」の悪口って やっぱり グサッときます。

それが どんな年代の人でも 立場の人でも

私の「父」ですから・・・心に グサッ!!!!ってきます。

その「グサッ!!」を感じるのが 親子のつながりのはず・・・

それに もう「仏さま」です・・・。もう やめましょうね・・・

恨みを糧にして生きるより

喜びを支えにいきたほうが やっぱり楽しいです。

私は 喜びを支えに 前にある「幸せ」に向かって生きていきます・・・。








DATE: CATEGORY:独り言
小松水産のさるふつ牛乳プリン・・・

2014年6月18日 「道の駅 さるふつ公園」にて

小さな売店の「小松水産」さんで 購入した「牛乳ぷりん」・・・

いままで 北海道~沖縄まで 旅行三昧しましたが

あの!!「牛乳ぷりん」以上に 衝撃的に 美味しかったのはないです!!

やっと!!やっと!!

販売&製造している 佐藤さんと今日 連絡がつきました!!!!!!

女性ですが 「恋い焦がれた相手」のようです!!!!!!

今日 まさに佐藤さんのぷりんが

あの!!!「牛乳ぷりん」と はっきりとわかりました!!!

やっと やっと 2年越しの思いが 通じたよ~💛

嬉しいです

感動です

食べたいです!!!!!

北海道は 美味しいものばかりですが

あの!!「牛乳ぷりん」は 別格です。

あ~ 食べたい!!!!!

と・・・いうことで 来年 猿払へいきます!!!

そうです!!ぷりんのためです!!!

なんて言われようが かまいません。

食べてから言って・・・という気持ちです(^^)v

嬉しくて 今夜はねむれなかも・・・(ホントです)
DATE: CATEGORY:独り言
あること ないことを 書く

現在の 「日本のメディア」・・・

本当なの?????と思って

確認したくて 行き始めた 

「枝野幸男オープンミーティング」

毎月 大宮で開かれることが多いです。

このオープンミーティングを通して

「枝野幸男さんの素顔」を知りました。

あくまでも私の感想ですが

枝野幸男さんは 笑顔が似合うのです。

TVなどの枝野幸男さんは 当たり前ですが

かなり「政治家・枝野幸男」ですね。

「素顔・枝野幸男」さんは

「子供を大切にしている ありふれたお父さん」ですね。

確かに 「短気」かもしれません。

でも すぐに「笑顔」になる枝野幸男さん。

ふつうに 素敵なお父さんですね。

意外と 平気で 「居酒屋 ○○」に行って

そこに溶け込む・・・そんな ふつうの男性です。

どうも一般的に「政治家」さんを

「遠い存在」にする日本人が多いですね。

ごくごくありふれた感覚を持っている方々なのに・・・

私は 比較的 「政治家」=「先生様」ではありません。

男性議員さんなら 「普通におじさん」だと思っています。

そんな私でさえ 枝野幸男さんの「普通のおじさん」の面は

「それで いいの?????」と思うほど多いです。

TVやネットで 「知ってるつもり」って

かなり怖い要素がありますね。

いつも間にか 「政治家」=「先生様」に

有権者のほうから 作り上げている・・・そんな感じです。

今のところ 他党の議員さんの「意見交換会」などには参加してませんが

きっと 他党の方も 「普通の日本人」かもしれません。

やっぱり 会って話する・・・これ コニュニケーションの基本ですね。

かなり 「イメージ」をつくっていることに気が付きます。

一方通行の「イメージ」では 楽しさや嬉しさも 減ってしまう・・・

それじゃあ かなりもったいないです。

批判したりするのも 本当は「話し合い」を 真剣にしてないからかも・・・

私は 「政治家・枝野幸男」さんについて 持論を展開する気持ちはないです。

好評価も 批判も 個人の問題だからです。

でも コニュニケーションによって感じたことは

かなり 真実だと思っています。

批判的な方々も 一度「素顔の枝野幸男」さんと話してみてはどうでしょう・・・

「井の中の蛙」になっていく・・・そんなことより

「大きくて 広い世界」にいるほうが

かなり自分のためになる・・・そんな 気がします。

人と人が 良いコニュニケーションをしていると

心が豊かになり 批判ばかりの生活からは 脱出できるはず・・・

やっぱり 心豊かで穏やかな生活のほうが すごく楽しいし・・・

まずは 会ってみて 話してみて 

それから「イメージ作り」したほうが 良い・・・と思います。

人から伝えられた「イメージ」を信じて生きる・・・

なんとも もったいないことでしょう・・・

「笑顔」で過ごすことこそ

「素敵な人生」だと つくづく感じます。

やっぱり 納得ができる「素敵な人生」のほうが

「生きる」って素敵・・・と思えます。

こんな感想をもった今の私は

「素敵な人生」をすごしている・・・そう 思います。



 

 









DATE: CATEGORY:独り言
政治でも 普通の生活の中でも

「子育て」が重要視されてます。

とても良いことですが

「子育て」=「特別」という環境がある・・・

そんな感じをとても感じます。

「子育て中」の方にすれば

今が本当に大変かもしれません。

でも 本来「子育て」は

「人間を育てる」ことでは・・・?????

子供の言動が 食事を拒否する私のような人がいる・・・

それを 「悪」と思うのは ある種の「人権侵害」では?????

子供の言動すべてを 「快く思う」ことを強制するのが

「子育て」なのでしょうか?????

「共生」するって 

一方的な「我慢」を続ける人がいることを

排除したり 「悪」とみなしたりすることでしょうか?????

一方的な「我慢」ができる状態ならば 続けます。

でも 「食事」は 生きていればします。

当たり前すぎることです。

その当たり前を お子様の言動でできなくなる・・・

そんな人は旅行もせず 外食もせず

「ひきこもり」状態ですごす・・・それを強要することが

「子育て」なのでしょうか?????

「共生」って そういうことなのでしょうか?????

「多種多様な考えを尊重」って 

一方的「我慢」を歓迎している理念なのでしょうか?????

「少子化」「子育て」・・・大切で重視することは 私も理解しているつもりです。

ほんの少しでも 「子育て」に理解しているけれど

お子様の言動によって 「食事拒否」の身体的苦痛になる人のことを

少しでも考える・知ってみる・・・って大切ではないでしょうか?????

実行してほしい・・・そんなことは すでにあきらめています。

私は 身体的苦痛に耐えるか 「ひきこもり」人生を選ぶか・・・

それを「強要」している 「子育て中の大人たち」と

「子育て支援を訴える大人たち」・・・

それが 今の日本の現状だと思います。

お子様のまわりの大人たちが 

あまりに「私は子育て中」と主張して

「子育て」=「重視してもらって当然」という環境を

政治も目指していると 本当に感じます。

子供無し家庭の人々は

「子育て中」を理解することを 生きる限り求められ

「子育て中」の方々からは 理解されない・・・そんな人々のように感じます。

やはり これは 一方的な「我慢」でしかないのでは?????

それを 歓迎し 強要し 苦痛を与え続ける・・・

それが  「子育て中」ということのように感じます。

お子様には 罪はありません。

元気がないお子様は かえって心配です。

「子育て中」で 「子供を保護する」・「子供を教育する」ことを

一方的な「我慢」を強要するのは かなり不満だし

生命の危機にもなるのです。

でも きっと・・・

「子育て中」=「我慢する人が存在する」が当たり前・・・

そんな「共生」を これからますます強くなるのでしょう・・・。

かなり 私には窮屈で 身体的苦痛で 社会的不健康ですね。

ま・・・最低限の気配りを希望しても

それは 「わがまま」なんでしょうね・・・。

いつから そんなに

「子育て」=「苦痛がある人を 排除する」ことが正しくなったのでしょう?????

かなり 疑問で

かなり 生活しにくい

子育て中ではない人の尊重・・・

きっと これから ますます そんな尊重なくなるのでしょうね・・・

それが 「子育て」であり

「子育て支援」になっていくのでしょうね・・・

悲しいし 身体的につらいな・・・

でも 覚悟を強めなければ・・・

今の日本では 「共生」ってことらしいので・・・

 


 
 



DATE: CATEGORY:独り言
本日 我が家の愛猫「もも」は

完全復活と 獣医師に言われました。

本当に 本当に 良かった・・・!!

一時は あきらめてました・・・

全身のけいれん・・・

かなり苦しそうな呼吸・・・

最後ならば 大好きな「氷水」を・・・

と スポイトで一滴 口にたらしました。

すると!!飲んだのです!!

正直 かなりびっくりしました。

まさか 全身けいれんの中

飲み込むとは・・・

その時 「ももは生きていたいんだ」と思い

口の中を綺麗にし

全身をタオルで拭き

のびきった足を 屈伸運動して・・・

すると 全身けいれんがおさまりました。

き・・・奇跡・・・これが 奇跡・・・だ・・・

ももの「生命力」の強さ・・・感動しました。

そして 今日 点滴も 注射も終わりにして

また 調子悪かったら受診・・・となりました。

12日間・・・本当に 本当に 頑張った「もも」

20歳で 21歳にむけて 頑張っている「もも」

今は 自力で食事をし

自力で トイレにいき

そして ぐっすり眠ってます。

「あきらめない」ことの大切さ・・・尊さ・・・

「もも」が 体をはって 教えてくれました。

獣医師から

「ももちゃんも頑張ったけれど

 お母さん(私)もがんばりましたね」

と言われ 本当に泣きました・・・。

本当に 本当に 嬉しいです。

これから何年も一緒に生活したいです。

記録とか・・・そんなことではなく・・・

「もも」と生活できることが 嬉しいし 楽しいです。

ありがとう もも・・・

頑張ったね もも・・・

いい子だね もも・・・

大好きだよ・・・もも・・・!!
DATE: CATEGORY:独り言
タバコの「害」と

かなり大きく言われてます。

確かに 「害」ということはあるでしょう。

でも 私にとっては

子供の「声」のほうが

健康を崩します。

食事中の大きな泣き声は

一瞬にして 「食欲」が無くなります。

まったく なにも口にできないのです。

そこに 走り回る子供がいたら

水分さえ とれなくなります。

そして 高熱を出し

体力が あっという間になくなり

数日後には 点滴で生きている・・・

そんな状態になります。

かなり辛いので 

お子様がいない場所・・・もしくは

お子様のいない時間に食事します。

子供は 「未来の宝」とわかっていますが

体が 「食事」を拒否するのです。

ここまで ひどい方は少ないでしょう・・・

でも ここまでひどくなる人もいるのです。

子供の「言動」で まったくの「食事拒否」に

体がなったら・・・と 子育て中の方々も

真剣に考えてほしいです。

だから 自宅近くに「保育園反対」をする方の気持ち・・・

私には すごくわかります・・・。

毎日 「食事拒否」の体としたら

まさに 「生死」にかかわりますから・・・。

そんなことない・・・と思われる方もいるかもしれません。

でも 現実に存在するのです。

「ありえない」「考えられない」と 決めつける前に

「ありえるかも」「考えられるかも」と 見つめなおしてほしいです。

元気のない子供は 心配でしょ?????

「生死」をさまよう 大人は心配ではないのでしょうか?????

「共生」するには 一方的に「我慢」するのは無理です。

子供たちのまわりにいる大人が

少しは 考えてほしいものです。

「かわいい」=「なんでもOK」では ないでしょう?????

子育てって 人間を育てることでしょ?????

ホント 大人たちが考え 教育してほしいです。

「あの人が 怒るから」という理由ではなく

走り回ってよい場所・時間・状況を

大人たちが 考えて 子育てしてほしいです。

子供には 罪がないですから・・・ね

 

DATE: CATEGORY:独り言
2016年8月3日

「内閣改造」のニュース・・・

「改造」??????

へぇ~ この内容が 「改造」なのか・・・。

ふぅ~ん・・・これで 「改造」ねぇ~・・・



DATE: CATEGORY:独り言
先週水曜日から
 
我が家の愛猫「もも」が体調を崩しています。

一時は 医師から

「今夜・・・」とも言われました。

でも 生命力ってすごいです!!

「もも」頑張ってます。

今朝は 少しですが

自力でご飯を食べてくれました。

私たちも介助しましたが

「もも」の生命力の強さで

かなり 回復しています。

嬉しいやら・・・

安心したやら・・・

ホッとしてます。 


copyright © 2018 元気に生きよう all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。