FC2ブログ

プロフィール

kinu0425

Author:kinu0425
18歳~41歳看護師として 仕事していました。
病気がきっかけで 現場ナースをリタイア。
でも 好奇心旺盛なので 次はどうするか・・・
悩んでいるそばから 決めています。
さて・・・
今日の私は・・・???


最新記事


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:国内旅行
昨年までに 日本の「端」に行きました。

稚内

根室

波照間島

与那国島

時間が許すならば 日本人として

観光目的でいいので 行ったほうがいいと思います。

時間的に許すならば 現地の方の声を聴くことをおすすめします。

現場ごとに 「問題」は違います。

でも 「日本国民」として生活していらっしゃいます。

教科書を読んでいても 「??????」でも

現地で お話を伺えば わかることが多いです。

例えば 北方領土って 地理的にこんなに近いんだ・・・とか

「鹿児島」さえ載ってない 与那国島の地図・・・とか

なにかしら感じることがあるはずです。

特に 議員さんは 伺ったほうがお仕事しやすくなると思います。

「地方創生」ならば 日本の「端」で なにかしら感じてくると

どういう仕事をすればよいか・・・感じられます。

問題をかかえていても 「明るく前向き」な現地の方々・・・

伺うと 本当にいろいろ感じます。

例えば 与那国島のお土産を

稚内の方に届ける・・・これだけでも 何か感じられます。

かかえている問題も 環境もちがうけれど

「日本人」として生きている・・・そのことだけでも 感じられます。

日本国内なのに 2日かけてじゃないと行けない・・・

でも 言葉は通じるし 携帯電話も通じる・・・

そのことだけでも 感じてくると

「問題解決」って 少しは見えてきます。

お時間が許すならば・・・おすすめです。

日本の「端」めぐる旅行・・・

とても 素敵な旅行ですよ(^^)

 
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:国内旅行
12月7日~10日

宮古島旅行してきましたぁ~(^^♪

まだまだ 日中は「夏」でしたね。

でも 島なので 風はありました。

関東の「夏」とは かなり違います。

それでも 暑いと感じるのは本当ですね。

宿泊は 「アラマンダ」さんです。

本当に 毎回感じるのですが

ここのスタッフさんは 働き者です。

じ~っと 座っているだけ・・・そんなスタッフさんはいません。

必ず 何か仕事を いくつかしてますね。

心配り・・・という点では 本当に素晴らしいです。

ま・・・いろいろな感じ方あるでしょうが

私たち夫婦にとっては 「のんびり」できるホテルの一つです。

今回 初めて知ったのは

宮古島には 「ハブ」がいない・・・ということです。

まれに 那覇などから 荷物とともに来る「ハブ」を

本当に 懸命にさがして 退治するそうです。

確かに 宮古島には 「ハブとり棒」がありません。

そして もっとびっくりしたのは

那覇⇔宮古島のフライトチケットが

プラチナチケットだということです。

那覇の友人も

宮古島の友人も

「何故なのか」は わからないようでした。

那覇の友人曰く

那覇⇔石垣島のほうが チケットを購入しやすいとか・・・。

那覇⇔久米島も かなりのプラチナチケットのようです。

便数の関係もあるのかな?????

単純に 宮古島ブームなのかな?????

私個人的には 宮古島が大好きなので

宮古島の魅力を広めたいけれど・・・。

旅行しずらくなったら 寂しいですね(^^:)

う~ん 複雑な気持ちです。





DATE: CATEGORY:国内旅行
2015年10月21日~10月23日

京都旅行してきましたぁ(^^)💛

連日 晴天で 天気に恵まれ

京都の方々の「おもてなし」に 感動し

外国人旅行の方々の多さに びっくり!!!!

なんだか・・・「日本人が国内旅行」というより

「国内だけど 海外旅行」のようでした(^^;)

10月22日は 「時代祭」でした。

毎年 この日に行われているとのこと・・・

一言で現すなら 「綺麗」・・・!!

もう一言なら 「すごい」・・・!!!!です。

やっぱり スケールが 違う 違う。

明治~卑弥呼の時代までの

「パレード」的なお祭りです。

2000人の行列が

京都御所から 平安神宮まで歩くのです。

馬も参加していて とても 優雅な「パレード」

私たちは 「有料観覧席」でゆっくり観覧。

もちろん 無料観覧席もあります。

ただ 私にとっては 「有料」で正解。

2時間 人混みに立っているのは 

ちょっと つらいですね。

毎年 晴天のようですから

体調管理も 必要かも・・・しれません。

でも!!観覧する意味がある!!

そんな お祭りでした。

宿泊は 「京都ガーデンパレス」

蛤御門の正面なので 景色が抜群に良いです。

食事は 「東京」同様 実に美味しい!!

でも 近所の商店の「稲荷ずし」が

一番おいしかったですね!!

1個80円で 手作り。

本当に美味しくて 23時までの営業が

実に もったいない・・・そんな 感じです。

京都までは 往復新幹線利用。

久しぶりの「新幹線乗車」でした。

なにせ 主人は30年ぶり

私は 15年ぶりの「京都」・・・。

あまりに 綺麗な京都駅・・・

実に 迷路のような京都駅・・・

ひとりじゃいけなさそうな駅でした(^^;)

京都の方々は 本当に親切・丁寧でした。

でも 「迷子慣れ」している面も 感じられました。

困ったら 助けを求める・・・!!

そんな基本的なことを 学んだ・・・そんな3日間でした。

公共交通機関のスタッフさん・・・車両・・・

高齢者・身障者・外国の方々・・・

そんな人にも配慮してくれている・・・そんな感じでした。

埼玉が 京都に学ばないといけない面ですね。

また 訪れたい!!と 感じる京都でした。


 
DATE: CATEGORY:国内旅行
「北海道の台風」が過ぎたので

今年も「赤平市」・「歌志内市」に訪問しました。

どちらの「市」も

「炭鉱閉鎖」によって ある種の「被害者」です。
国がすすめた「炭鉱産業」・・・。

そのことで 大きく人生を左右された方々・・・。

本当に 今現在の状況は 

無力な自分を呪ってしまいます。

「赤平市」には 少し「若い力」があります。

精一杯アイディアを出し

精一杯頑張っています。

その頑張りを 心から応援します。

「歌志内市」には 

精一杯頑張るだけの「体力」が あまり残っていない・・・そんな感じです。

廃墟の住宅が多く 

その住宅を壊すための財政の目途がない・・・そんな感じです。

毎年 そんな住宅が増えて

今年は 本気で泣いてしまいました。

なにもできない・・・

そんな無力な自分が 悲しいし 情けない・・・。

せめて 「ふるさと納税」するくらいです。

でも あくまで「個人」ができる「ふるさと納税」です。

あまりにも 少なすぎるかもしれません。

それでも 涙目でお礼を言ってくださり

なおかつ 明るさがあります。

どうか 皆さん 旭川や札幌に行ったら

「赤平」や「歌志内」のことを 心にとめてほしいです。

どちらも 車で一時間で行けます。

山間の静かな 素敵な自然です。

ほんの少し 立ち寄って 

地元の方と コミュニケーションをとってみてください。

きっと なにか 大切なことに気づくはずです。

「国会議員」という方々 お願いです。

どうか この土地に行って 何かを感じてください。

涙が出るほどの感情が生まれます。

どうか 皆さん 「赤平」・「歌志内」を覚えてください。

「現代の日本」の一部に 思いをよせてください。

こんな書き方をすると 地元の方々が暗いとか思うかもしれません。

実は とても明るくて 前向きです。

そのことも 感じてほしいです。

また 来年も訪問することを 約束してきました。

約束まもりますから・・・ね(^^)💛

だって 元気づけようとしていた私を

「元気にさせてくれる」・・・そんな素敵な方々。

毎年 会いたいです。ホント・・・今すぐにでも 会いたい・・・!!
 



DATE: CATEGORY:国内旅行
10/6 美瑛の「四季彩の丘」へ

夕陽を見に行きました。

本当に 美瑛の夕陽はきれいです。

主人と はしゃいでいたら・・・

「すみません・・・」

と 片言の日本語で声をかけられました。

どうやら 日本語はまったくできず

少しだけ英語ができる カップルでした。

よ~く 聞いていたら

「一番近い駅は どこですか?」

というないようでした。

一番近いのは 「美馬牛駅」だけど・・・

どうやら 行きは 徒歩で「四季彩の丘」にきたらしく

徒歩で 帰る・・・というのです。

車だって10分かかるし

なんていっても もう あたりは 真っ暗。

私たちは 「旭川」へいくので 

「美馬牛」なら 通り道・・・

と・・・いうことで 「美馬牛」駅まで 送ってあげました。

とても 礼儀正しい中国の方で

日本流に 土下座までしてくれました。

どうやら 「新婚旅行」のようでした。

すっごくいっぱい お礼を言ってくれて

無事 電車に乗りました。

中国方は 意外と「あいさつ」ってしない印象でしたが

このカップルは 教育もしっかりしていて

人柄もよさそうでした。

異国の地で 言葉の壁って 本当に大変・・・。

私も「パリ」で 経験しました。

すごく 気持ちがわかったのです。

どこぞの「外交」より

良い「外交」したんじゃないかな・・・?

中国人だからって 偏見の目もよくないです。

人間同士 わかりあえるはず・・・

そう 再認識した 「美瑛の夜」でした。

copyright © 2018 元気に生きよう all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。